未分類

【通信制大学に入学】入学選考結果が届きました

出願から履修登録まで

めい
めい
春から通信制大学で福祉の勉強を始めます。1月に第1期で出願し、先週入学考査の選考結果が届きました。「合格」とあり、スタートできそうです。

出願を1月にしたら勉強は4月からスタート

1月にバタバタ出願し、それからしばらく何もなく2月10日に入学考査の結果と履修登録ガイドが届きました。

願書提出の際に提出したものはこれ!証明書・定額小為替など通信制の大学に願書を提出 冬に通信制の大学に入学願書を提出しました。その時に提出したものを紹介します。 正科生1年次に入学 通信制...

これからインターネット上やスクーリングで勉強していきますが、そのための履修登録を5月までにしなくてはいけません。4月から勉強をスタートできるように2月中には登録を済ませたいと思っています。

入学金を銀行の窓口で支払う

「まずは入学金の支払い」からスタートだったのですが、祝日で銀行はお休み。私は忘れっぽいのでこういうことは早めに済ませておきたいのでATMで出来るか調べつつ、手数料がかかりそうだったので、翌日銀行窓口で支払いました。振込用紙を見せて銀行で聞いたところ「この場合だとATMでもできますが、手数料がお客様の負担になってしまいます。窓口の方だと受取人様のご負担と書いてあるので、窓口での振り込みがおすすめです。」と言っていました。

めい
めい
  2人のチビを連れて銀行に行くと、ソファのところに置いてある絵本に助けられます。2才の娘の好きなアンパンマン、5才の娘が好きそうな可愛いアクセサリーの本で待ち時間も問題なく過ごせました!

早速インターネット上で動画を見てみる

大学の勉強はオンデマンドが殆どです。モチベーション持続のためにスクーリングにも行きますが、これからはパソコンを介して勉強することになります。

履修登録の説明の動画をさっそく見てみました。

文字や表のスライドをナレーションで説明しているというものですが、分かりやすかったです。

単位と履修科目

私の場合は卒業に必要な単位は124単位。そのうち30単位以上をスクーリング科目(オンデマンド科目含む)で取得しないといけません。正科生で入学した私は1年次に取得できる単位は48単位。

めい
めい
 「モチベーション持続のために自分の資格に必要な科目にとらわれず興味のある科目を選びましょう。」とありますが、やはり資格に関係するものの方が良い気がしてしまいます。でも、全くの畑違いの勉強で日本語の意味からして難しく、専門的な科目ばかり選ぶのも心配です。

まず「福祉経営序論」「スタートアップセッション」「学びの技法」という全員が必ず受けなくてはいけないものに蛍光ペンでマーキングしました。

あとは科目試験の日程を見ながら決めていこうかな。

勉強にかかる時間は1単位に15時間かかる

「インターネット上で授業を受けられる。」と聞くと、大学に行ってわざわざ授業を受けるわけではないので忙しい人でも勉強ができて楽そうに見えますが、「1単位に15時間はかかる」(私の場合は畑違いなのでもっとかかりそう)と動画に説明がありました。

「4単位」の授業はかなりのボリュームがあるということです。「少し値段は高いけど、4単位ももらえるし、これもこれも取ろう~♪」と軽はずみに考えていた私はおバカちゃんでした。

時間の確保のためにできること

今週、私がやっていること。託児所探しです。就労していない主婦の私が2才の娘を保育園や託児所に預けるのは田舎でも難しく、平日学校には通わない「就学証明書」で審査が通らないか訊いたり、認可外のちょっとあやしめの託児所でも1日数時間預かってもらえないか訊いてまわっています。

英語教室などと一緒になっている大手の託児所はホームページもしっかりしていて、情報は手に入りやすいのですが、人気でもう埋まっています。電話番号と住所だけを手掛かりに電話をかけ、あやしげなビルに見学に行ったり、これまでにない体験です。

上の子は5才で春から年長なのですが、本人の希望があり市内のまた別の私立幼稚園に転園することになりました。年少で入園するママ達と一緒に入園説明会に参加し、制服やかばん、帽子などもまた新しく注文し、名前を付けたり、給食袋は前の幼稚園のものを使えそうですが他のものはまたチクチクしなくてはいけません。そういうことにもできるだけ超省エネでいきたいと思います。

保育園もお友だちからすごく良いところを紹介してもらったのですが、車で10分かかります。そんなに遠くは無いんだけど、車に乗ってしまうと上の子の送り迎えでバスがマンションに着く時に間に合うか心配です。私が目をつけているのあたしげな託児所はマンションから徒歩10分。上の子がバスで幼稚園に行く前に一緒に託児所に送り届けて、上の子をバスで見送り、自宅で勉強が可能。帰りは下の子を迎えに行き、上の子のバスを一緒に待つ。勉強時間の確保、不必要なストレス排除で外遊びいっぱいの魅力ある託児所ではなく、とにかく近い託児所に目をつけています(そこは今日の話では4月からだと預かってもらえるらしい)。

めい
めい
自分の勉強、子どもの幼稚園や託児所も書類やお金の手続きが多くて、確認しなくてはいけないことが多いのでとにかく毎日やり過ごすことに精いっぱいでこれで良いのだろうか。おそらく一番の疲れはピアノやスイミングの習い事が完全ずっと付き添っていないといけなくてそれで疲れるんだろうな。今日もプールサイドで下の子が水に入ろうとするのを阻止しながらずっと応援して疲れました。ふー。