こどもの勉強

チャレンジイングリッシュを娘が半年やってみた話

4月からチャレンジ小学1年生を受講している娘

3月にいっぱい流れる進研ゼミのCM。娘は感化されやすいので「コラショの時計欲しい!勉強がんばる!」と進研ゼミの広告効果でものすごいやる気に。そして、試しに受講。夫は真面目に赤ペン先生を出していた人間。私はサボっていた方。娘は果たしてどっちか…。

チャレンジのオプション教材で『チャレンジイングリッシュ』というのがあって、もともと英語にも興味があったのでオプションもつけてみました。

月あたりの金額

会員価格 通常価格
小学生版 2,040円~ 3,240円~
中学生版 3,999円~ 4,089円~

チャレンジイングリッシュを実際やらせてみて

まず、チャレンジタッチという付属のタブレットで出来るので、それまでiPadで英語のゲームをやらせていましたが、チャレンジタッチがあればそっちでやってくれるので楽。これは良かったです。

肝心の内容ですが、「読む」「書く」「話す」「聞く」という4技能をバランス良く伸ばせる、そこら辺の無料ではもう絶対にできない質の良い勉強ができます。特に「聞く」の部分が私は良いと思いました。「L」と「R」や「B」と「V」と言った日本人が聞き間違えるアルファベットの単語の聞き取りゲームがあって、大人も苦戦するのに、子どもは何度かする毎に聞き取りのコツを覚えてどんどんクリアしていくので驚きました。

会話はフレディという可愛い着ぐるみが出てきて、これも娘は好きなようでした。オンラインレッスンも月に1回できて、まあ、楽しそうでした。チャレンジタッチ上でやると通信が全然ダメで、これはiPadがあればそっちにチャレンジイングリッシュのアプリを入れてそっちでやった方がいいと思います。

失敗談。絶対無理して進んじゃダメ!

単語もけっこう覚えて行っていたんですが、ある時「早くゴールしてメダルが欲しい。」と子どもが言い、1日に7レッスンくらいいっぱい受けてどんどん次のレベルに進もうとしていました。そうしたら、1レベルずつ「単語」「リスニング」「会話」などそれぞれの技能のレッスンが別々にあるのですが、「単語」はクリアできても、「リスニング」でつまづいて先に進めず、あまり楽しめなくなってきてしまいました。

結局、解約に。

全ての技能をまんべんなく伸ばせる!というのは素晴らしいのですが、娘は年長。英語学習歴も浅く、チャレンジイングリッシュを活用するにはゆっくりやっていくしかありませんでした。でも、ある部分では物足りなくどんどん進みたい、という娘。そうした結果、レベルアップテストには合格できるはずなく、結局半年でチャレンジイングリッシュは解約しました。

色んな教材との出会いを繰り返す英語学習

英語でも何でも、どの教材をどのタイミングでするのが良いかなんて誰にもわかりません!良いと思って借りて来た絵本には全く食いつかないと思えば、よく分からないアニメにハマったり。子どもは本当に分からない!しかも、「好きになって欲しい」「学んで欲しい」という親の下心もあるので、なおさら良い物を選ぶのに苦労します。

チャレンジイングリッシュを始めて3ヶ月くらい経った時に別のオンラインレッスンを始めて、朝に受けるオンラインレッスンで聞いた単語がチャレンジイングリッシュでも出て来たり、その逆があって、相乗効果はあったと思うのですが、解約にはこのことが一番大きかったと思います。無理して進んでしまったチャレンジイングリッシュが少し大変になって、親も子もオンラインレッスンが良い感じで進んでいるので、もうそっち一本で行こうとなってしまったのです。このうまくいっているオンラインレッスンの方が娘にテキストが合っていて、チャレンジイングリッシュの影が薄くなり、解約に。

本人の英語に対する興味が無くなったなどの消極的な理由ではないのが良かったと思います。チャレンジイングリッシュは、年齢やその子のレベルに合っていれば、遊び感覚で英語が学べて良い教材だと思います。特にリスニングのゲームは大人もハマりました。あまり大したことない英語教材の無料アプリをやらせるくらいなら、月2,040円払ってチャレンジイングリッシュかな~と思います。英語教室に通っている子なら、それと併用するのも効果はあると思います。

うちの子のように先へ先へ無理して進もうとして、結局よく分からなくなってしまった!という風にならないように、毎日コツコツ自分のレベルに合わせてやることが大事だと思います。英語は身に付いていないのに先に進むと、本当になんにも分からなくなってしまうので!

小学生向けオプション英語教材【チャレンジイングリッシュ】

https://sho.benesse.co.jp/challenge_english/