子育て

「しびしびしてるの?」2歳と5歳の会話

炭酸水を飲む2才と5才の会話

我が家の長女は炭酸水が大好きです。まだ5才なのにコーヒーも好きで、それも無糖の炭酸水でも、ブラックのコーヒーでも「美味しい。」と言って飲むので、将来ビールやカフェインの中毒になるんじゃないかと心配。家族は別にコーヒーやビールを飲むわけではなく、輸入食品のカルディーでたまたま甘いコーヒーの試飲をし、さらに給食でコーヒー牛乳が出てハマったようです。

夏になると確かに大人も炭酸は飲みたくなります。三ツ矢サイダーだと、甘くて美味しく飲み過ぎてしまうので、家の冷蔵庫にあるのは無糖の炭酸水。

梅狩りでとってきた梅です梅シロップを作ったり、黒糖と生姜とスパイスでジンジャエールを作って、炭酸水で飲む為のものだったのに、今は無糖の炭酸水をストレートで飲む娘。

コップに炭酸水とレモン汁を入れてお風呂あがりに長女と次女と3人で飲んでいると、やんちゃ盛りの次女がコップの中に片手をつっこんでいました。

CB9F963D-CBBA-4052-A3DF-6639CE84369C

「ちょっと、それ飲むものだよ?」と私が注意しても、「へへへ。」と手を出したり入れたりの繰り返し。コップから炭酸水が溢れ出て、テーブルが濡れるのがまた面白いらしく何度もやっては次第に満足そうにニコニコしています。

「しびしび」と「ちびちび」で通じ合う2人

水の入ってるコップに手をつっこむなんて、そんなこと小さな頃も今でも一度もやろうとしない長女は、1人実験に没頭する次女を見て、「あぁ、しびしびしてるの?」と冷静に訊いていました。「うん、うん、ちびちびちてるの。」と次女。

次女は今年3才になるのに未だに何を言っているのか親でも分からないことが多くて「言葉」の発達がかなり心配。周囲の言葉は理解はしているので、生活に困ってはいないのですが、本人の要望が聞き取りできず、大人とのコミュニケーションが成り立たないことが多くあります。

そんな我が家で、ものすごく重要な役を担っている長女。次女が何を言っているのか2回くらい聞くと分かるようで「もうおなかがいっぱい。あっちであそぶ。」と即座に通訳をしてくれます。

誰が聞いても曖昧な発音なのに、「もっとプリキュアみたかった。ノンタンにする。」などと長女が通訳をすると、鼻息を荒く、顔を真っ赤に怒って何度も叫んでた次女も「うん、うん。」と落ち着きを取り戻し、イスに座ってくれます。(こんな長女に頼っていたせいで親もするべき努力を怠ってしまった可能性は大いに有り、今さら次女に絵本の読み聞かせを真面目にし始めました。)

性格の違う長女と次女。

炭酸水に手をつっこむ次女は、長女より体力もあり、運動もできます。自分の興味のあることに没頭するタイプ。子どもらしいと言えばそうだし、滑り台や水遊びも大好き。長女の不登園をきっかけに知った野外保育も長女は全く動かずじっとしていましたが、次女はすごく楽しんでいました。1歳の頃から、ネジ穴を見つけると工具棚からドライバーセットを持ってきてはネジをまわしたがる(誰も教えてないのにやるところが、生まれ持ったものだから面白い)。高いところが好きで猫のようにカウンターやテーブルの上に登って、さらにそこで立ったりする。

そんな次女を、心配性の長女は「もう!落っこちちゃうよ〜!はやく降りて!」「ドライバーは危ないんだよ。手、怪我しちゃうでしょ!」と心配しては泣いていました。

コミュニケーションはお互いを理解すること

最近は2人で会話ができるようになり、次女のおてんばにも慣れて来たのか、「Mちゃん(妹)は、そういうことが好きだもんね。」や「Mちゃんは本当に冒険したがりだな〜!」とか、一枚上手の保育士さんのような対応をしてくれます。妹の方も、飽きれて放っておくか、やめて欲しくて注意する親よりも、優しい姉が自分の一番の理解者だと思っているようです。

思い返せば、長女は3才くらい(まだ一人っ子の時)の時は、今よりも繊細さがもっと目立っていて、周りのお友だちの「子どもらしさ」をなかなか受け入れられませんでした。数組の親子でレストランに行っても、他の子達がコップの水をこぼして遊び始めたり、店内を歩き回ると、「どうして座ってくれないの!?」と泣いて困惑(大人は誰も気に留めていないことでも)。本当に『ちびまるこちゃん』のみぎわさんや丸尾くん状態(あそこまでうちの子は強くはなれないけれど)。

あの頃は、お互いを理解できるほど、お友だち同士でコミュニケーションをとれないから、まわりの子どものことを分かってあげられなかったんだろうな。今は、言葉や表情を交わすことによって、自分の考えや他の人の思いを受け入れられるようになった気がする。疲れてイライラしている時の私や夫の気持ちまでも感じ取って、「今日は暑くてみんな疲れている日だから、はやく寝た方がいいね。」などと夕食の時に言ってくれる。長女が疲れている時はこっちが気づいてあげないとと思うのに、昨日はパズルに付き合うのにすごく疲れて「もう一人でやりなよ。」とイライラしてしまった。家事は手を抜いてもいいから、言葉には気をつけたいと思っていたのに反省。

ブログを読んでくださりありがとうございます。
にほんブログ村 子育てブログへ